ガードナーベルト 腰痛対策/産後に効果の高い矯正ベルト

 

ガードナーベルトは、産後に起こりがちな腰痛対策、骨盤矯正に効果的でした。

 

産後にはどうしても子供の世話で忙しくなりがちだと思いますが、骨盤矯正をするだけで腰痛などの疲れはかなり軽減されます。

 

また、産後太りを防ぐことができるので、産後の体型の悩みが深刻になる前に、使い始めるといいと思いますよ。

 

 

ガードナーベルトの効果/産後の腰痛・つらい痛みが緩和されました

 

骨盤矯正ベルトは友人から譲ってくれたものなどを含めて、いくつか試してみました。

 

ただ、その中でもガードナーベルトが一番効果が高いと思いました。

 

まず、ガードナーベルトを装着すると腰痛につながりそうな動きをしても、腰の痛みが気にならなくなりました。

 

あくまで私の体験なので、無理をし過ぎないで欲しいですが、効果は本当だと思います。

 

骨盤回りをガッチリ抑えてくれる強度があるので、かがんだり、中腰になったり、赤ちゃんを抱っこし続けても腰への不安が感じにくくなります。

 

 

ママ系の雑誌にたまに付録で付いている骨盤矯正ベルトなどがありますが、あれ系の安い骨盤矯正ベルトだと作りが弱いので腰にかかる圧に耐えられなくてすぐ剥がれたりしてしまいます。

 

それに比べると、ガードナーベルトは強度が高いので効果を実感しやすいということです。使い続けると、その差は歴然だと思いますよ。

 

ガードナーベルトの使い方/効果的な骨盤矯正を実感するために

 

ガードナーベルトの使い方ですが、使い方を間違えると腰への負担に効果がなかったり、稀ですが逆に悪化するということもあるようです。

 

ポイントは締めすぎないということと、頻度を調整するということです。

 

 

ガードナーベルトを使うタイミング

 

ガードナーベルトを使うタイミングですが、目的に応じてタイミングを分けます。

 

腰痛が気になる人であれば、腰に負担がかかりそうな姿勢を取るときに巻きつけることです。

 

 

2つ目は骨盤矯正のために、ガードナーベルトを締めて体操やウォーキングなどの軽い運動をするという使い方です。

 

運動と組み合わせて使用することで、骨盤の歪みが矯正されるとともに、血流改善で代謝が上がるというダブルの効果が得られます。

 

 

運動については、腰痛がきついときに実践するのはおすすめできません。逆効果で腰の痛みが再発してしまう人もいるようです。

 

 

ガードナーベルトのサイズ・選び方

 

 

ガードナーベルトのサイジングですが、公式サイトに掲載されているサイズを参考にすれば間違いないと思います。

 

 

私はMサイズ(ウェストが80cm・・・・)だったのですが、標準の締め方でもキツイと感じたことはありませんでしたね。

 

締め付けを調整できるマジックテープの範囲も広く取ってあるので、問題ないと思います。

 

 

ガードナーベルトを素肌で装着するのはちょっと痛いかも

 

 

ガードナーベルト自体を地肌に直接つけて装着するのは、こすれて肌への刺激となるので避けたほうがいいです。

 

1枚でもいいので、Tシャツなどをかましてその上からガードナーベルトを着けるのがおすすめですね。

 

せっかく効果のある骨盤矯正ベルトを使っているのに、肌荒れや傷などで投げ出してしまう理由を作るのはとてももったいないことだと思います。